広告

カヤックフィッシングにおすすめの魚探はこれだ!:僕のカヤック道具紹介20

当サイトは、アフィリエイトリンクを使用しています。

カヤックフィッシング

こんにちは!

はえちゃんねる@石垣島のはえちゃんです。

 

やりたいことややらなきゃいけないことが多すぎて、気づけば1年位カヤックを出せていない・・・。

やばい!

カヤックを出さねば!

 

ということで、今回はカヤックフィッシングのお供である「魚探」について紹介いたします。

 

メリットや選び方も紹介するので、この記事を見ると自分に合った魚探を探せるようになりますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

 

それではどうぞ!

 

 

1.カヤックフィッシングにおすすめの魚探はこれだ!

魚探は魚群探知機のこと。

カヤックフィッシングに必須というわけではありませんが、魚の存在や海底の地形を知ることができるので、カヤックフィッシングでより釣果を出すためにおすすめの道具です。

 

更に釣果が出せるだけでなく、危険を事前に回避することができるようになるなど、安全にカヤックフィッシングを楽しむために合ったほうが良いこともあるんです。

 

カヤックフィッシングにとても有利に働きますので、ぜひ参考にしてください。

 

2.カヤックフィッシングで魚探を使うメリット

カヤックフィッシングで魚探を使うメリットは、だいたい次のようになります。

  • 魚の存在を確認できる
  • 根や地形などを知ることができる
  • 流される方向やスピードを知ることができる

 

魚の存在を確認できる

魚探の基本的な使い方ですね。

誰もが想像できる使い方です。

 

餌となる小魚を探したり、ターゲットとなる魚を探したりすることができます。

 

根や地形などを知ることができる

ターゲットとなる魚の住処となりそうなサンゴや岩などの、いわゆる「根」の存在を確認できたり、好んで魚が付きやすい地形の存在を知ることができます。

 

魚がいそうなポイントを効率よく攻めることができるので、魚探の本領発揮といったところですね。

 

流される方向やスピードを知ることができる

魚探には、カヤックの進む方向が表示できたり、カヤックの進む速度を表示できたりする機能があります。

つまりカヤックがどの方向にどのくらいの速度で進んでいるかが、すぐに分かるんですね。

 

これは風や潮でカヤックが流されるときにも使える便利な機能です。

安全に釣りをする上では、カヤックの流される方向やスピードを知ることは、とても大切なことなんですよ。

 

3.魚探の選び方

魚探を選ぶ際は、次のポイントを押さえるようにしましょう。

  • サイズ
  • 機能
  • 給電方法
  • 取り付け方

 

サイズ

魚探のサイズは、自分の持っているカヤックのサイズに合わせて選ぶようにしましょう。

小さすぎても画面が見づらいですが、大きすぎても釣りや操船の邪魔になります。

 

機能

どのような機能が魚探に搭載されているのかも、選ぶための大切なポイントです。

基本的には次のようなものが分かれば魚探の役割を果たします。

  • 水深
  • 魚のいる深さ
  • 海底の地形の様子
  • カヤックの場所
  • 進む速さと方向

 

基本の機能と併せて、次のような機能がついていると、更に便利で安全に釣りができます。

  • 海底地形のマッピング機能
  • サイドスキャン機能

 

この便利機能の中で「海底地形のマッピング」機能は、より具体的に海の中の様子を知ることができるので、「そのポイントをどう攻めるか」を考え工夫することができるようになります。

 

給電方法

魚探への給電方法は、基本的にバッテリー給電です。

なので、バッテリーを入れるための防水バッテリーボックスを自作する人が多いんです。

 

車やバイク用のバッテリー以外にも、モバイルバッテリーで給電できるアタッチメントも販売されているので、意外とコンパクトにすることができるんですよ。

 

バッテリ-以外では、乾電池給電タイプもあるので、自分の好みのものを選んでOKです。

 

取り付け方

魚探の取り付け方は様々ありますが、カヤックにボルト・ナットで固定する方法が一般的です。

ボルト・ナットを使う場合は、カヤック内部に海水が入らないように、しっかりコーキングしましょう。

 

また、市販されている取り付けマウントを使う人も多いです。

取り付けマウントを使うと、魚探の取り外しや振動子の取り外しが、素早く簡単に行えるようになります。

 

4.カヤックフィッシングにおすすめの魚探

僕がカヤックフィッシングにおすすめする魚探はこちらです。

 

ガーミンストライカー4

created by Rinker
¥27,138 (2024/07/14 16:02:29時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらの魚探は、現在僕が使っているものと同じタイプです。

 

必要最低限の機能とプラスして、魚が釣れた場所や特徴的な根の場所などを「ウェイポイント」として記録しておくことができます。

毎回同じポイントに入ることができるようになるので、釣果が安定してきますよ。

 

ガーミンエコーマップ

created by Rinker
¥142,890 (2024/07/14 16:02:29時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらの魚探は、ガーミンの中でも上位機種に位置する魚探です。

 

一番の特徴は「QUICKDRAW」という海底の等深線作図ができること。

つまり、海底地形図をある程度立体として把握することができるようになるんです。

 

ディーパー

こちらは、2・3年くらい前まで僕が使っていた魚探です。

振動子を兼ねてた本体と専用スマホアプリを使って、魚の位置や海底地形を知ることができます。

 

給電方法は充電タイプなので、本体以外に必要なものはスマホアプリだけ。

場所を取ることがないので、カヤック内を広く使うことができますよ。

 

 

5.まとめ

カヤックフィッシングにおいて、魚探の役割はかなり重要です。

釣果を伸ばすだけでなく、迫っている危険にいち早く気づくこともできます。

 

快適で安全に楽しくカヤックフィッシングをするために、ぜひ魚探を使ってみてください。

カヤックフィッシングを更に深く楽しむことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました