肌荒れなどにおすすめ!天然成分のタマヌオイル!作り方も紹介します。:僕の石垣島生活紹介⑨

スポンサーリンク
石垣島

こんにちは!

 

はえちゃんねる@石垣島のはえちゃんです。

 

ついに軽石が本州近海でもみられ始めましたね!

沖縄ほど大量に漂着することはないかもしれませんが、注意する必要があるかもしれません。

 

今回は、美容オイルとして知られ始めた「タマヌオイル」について紹介いたします。

タマヌオイルの原料となる植物は、石垣島にもあるんですよ。

 

それではどうぞ!

 

1.肌荒れなどにおすすめ!天然成分のタマヌオイル!作り方も紹介します。

皆さんは「タマヌオイル」って聞いたことありますか?

 

数年前から、美容用品やその原料としてかなり話題になっているんですよ。

 

そんなタマヌオイルの原料となるタマヌという植物は、実は石垣島にも広く分布しているんです。

 

タマヌって何?

タマヌは、「テリハボク」と言う名前で、熱帯・亜熱帯地方に分布している、常緑高木です。

石垣島の方言では、「ヤラブ」と言われていて、東南アジアなどでは「タマヌ」と言われています。

 

似ている木に「フクギ」と呼ばれているものがあり、両方とも防風林に使われることが多く、石垣島の家では庭の周囲に植えられることがよくあります。

 

2.タマヌオイルの効果

タマヌオイルは、タマヌの種子から取れるオイルで、化粧品の材料や、外用薬として利用されています。

 

効果

タマヌオイルの特徴は、高い抗酸化作用と保湿力です。

抗酸化作用は、オリーブオイルの約20倍。

「オレイン酸」や「カロフィル酸」などの保湿成分が入っているので、お肌の潤いを保ちます。

 

東南アジアや太平洋の島々では、古くから切り傷、擦り傷、火傷、虫刺され、にきび、乾癬、糖尿病性潰瘍、裂肛、日焼けなど、様々な症状・肌トラブルに使われてきました。

 

なので、スキンケア用品としてはもってこいですね。

 

3.手作りの方法を紹介

それでは、タマヌオイルの手作り方法を紹介します。

 

今回は試作なので、今後違う方法も試していきます。

 

作り方は次の通り。

  • タマヌの実を拾う
  • タマヌの殻を割る
  • 天日干し
  • 蒸気で蒸す
  • オイルを絞る
  • 容器に入れて完成!

 

タマヌの実を拾う

まずはなんと言ってもタマヌの実を拾わなくてはなりません。

 

石垣島には、タマヌが街路樹として植えられている場所があるので、そんな場所から実を拾ってきます。

 

よく乾燥した実を・・・

ひたすら拾います・・・

 

ウォーキングついでに拾うと、良い運動になりますよ(笑)

 

タマヌの殻を割る

この作業は地味にしんどいです。

 

タマヌの実って、結構硬いんですよ。

ブロックやコンクリートを土台にして、ハンマーで地道に割っていきます。

 

割ると中から黄色っぽい「仁」と呼ばれるものが出てきますので、それをかごなどに入れて保管します。

 

天日干し

取り出した仁は、天日干しをします。

天日干しをすることで、油が絞りやすくなるんですよ。

 

目安は、色が茶色っぽくなって、表面に油が出てくるまで。

1ヶ月ほどはかかるそうですが、僕は3〜4週間で大丈夫でした。

 

蒸気で蒸す

この工程は、椿油の搾油工程を参考にしました。

 

天日干ししたタマヌの仁を、布巾に包んで、鍋で10〜15分ほど蒸します。

 

タマヌオイルを作っているところでは、「低温圧搾」での抽出をしているようですが、難しそうなので、僕は一度蒸しました。

 

オイルを絞る

自作した搾油機に布巾で包んだまま入れ、圧搾します。

 

緑色のオイルが出てきますので、別の容器に移します。

この段階で濾過を行うと、澄んだオイルになりそうです。

 

作ってみた感想

実際に作ってみた感想は、「予想以上に採れない」ですね。

量が少ないのは予想していましたが、想像以上でした。

ボトルいっぱいのオイルを作るなら、かなりの量が必要ですね・・・

 

また、かなり濃い緑色のオイルが採れました。

 

多分濾過工程を省いているせいかな?

 

今後の作り方次第で変わりそうですね。

 

あと油分がかなり強いので、使った容器を洗うのが大変でした。

 

保湿力は高そうです。

 

次回は違うやり方で試してみますね。

 

4.おすすめ商品&手作りに必要な道具

手作りに必要な道具は、搾油機・ハンマー・布巾など。

 

市販されているおすすめ搾油機はこちら⬇︎

手搾りジューサー果汁 絞り 器 スロー ジューサー グレープフルーツしぼり器 レモン果汁 ステンレス業務用家庭用新鮮な果物レモンジューサー (Color : 3L)
フルーツワインを製造するための優れたツールであり、ワインを発酵させた後にワインの残留物を分離するために使用できます。 この製品は、ブドウ、レモン、グレープフルーツ、スイカ、柑橘系の果物などのフルーツジューサーとして使用できます。 手動野菜脱水機。 オリーブの種を押して、手動のオイル抽出器を使用します。 中国の漢方薬のろ...

 

搾油機を自作するなら、次の材料を参考にしてみてください。

  • 大きめのCクランプ
  • 100均の味噌漉し
  • ステンレスの受け皿
  • 丸い木の板×2枚

 

以上の材料を使えば、簡単な搾油機を作ることができますよ。

今回僕は、100均&ホームセンターで手に入る道具で搾油機を自作してみました。

ちゃんとした搾油機ならだいぶ絞りやすいかもですが、結構金額が高いので、今回は自作で!

 

市販されているおすすめタマヌオイル

市販されているタマヌオイルのリンクも貼っておきますので、参考にしてみてくださいね。

nauhiaherb 石垣島タマヌオイル (トリートメントオイル) 30ml
nauhiaherb 石垣島タマヌオイル (トリートメントオイル) 30ml

 

5.まとめ

世間にはスキンケア用品が数多くあります。

なので、自分の肌に合うものを探すのは大変です。

 

ですが、自然由来のものであれば、肌に合う人も多いはず。

 

一度タマヌオイルを試してみると、欠かせないものになるかもしれませんよ!

 

ぜひ一度試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました